ヒプノヒーリングセラピスト養成講座 体験記

ヒプノ・ヒーリングセラピスト養成講座体験記:男性への赦し→クリエイティビティの解放 1

11月1日に書いたヒプノ・ヒーリングセラピスト養成講座の体験記その2です。

体験記一覧はこちら

私に起こったヒプノセラピーのテーマは大きく6つ

2クール、合計8ヶ月間通った講座では、振り返ると私には大きなテーマが6つありました。

  • 男性への赦し→クリエイティビティの解放について
  • まだ起きてない将来(病気や命)への漠然とした不安について
  • コミュニケーションの取り方の癖について
  • 私の未知能力について
  • 絵について
  • コントロールできない状況について

これらについて、

  1. ヒプノセラピーを受ける前(Before)
  2. ヒプノセラピーの最中で起こった事
  3. 受けた後の変化(After)

を書いていきます。

今回は、男性への赦し→クリエイティビティの解放についてのBeforeです。

Before 男性に対するイメージはどうだった?

男性に対する無意識の警戒心がありました

私の一番古い記憶の1つが、男性からのいたずらの記憶です。
3歳児ながらに「これは普通でない出来事や」と体が硬直して動けませんでした。
それが頭の隅にずっと残っていました。

そのため、大人になっても挙動不審な人がいると、反射的に警戒センサーが立ちます。
早めの時間でも夜道が歩けなく、元々の性格もあるけど、夜遊びも好きではないです。
(朝が好き)

一番古い記憶の一つがこの体験なので、人生全般にずっと影響してくるだろうし、長年抱えてきた重苦しい荷物を軽くしたかったのです。

この経験について昔カウンセリングを受けた時に、「(いたずらは許されない行為だけど)3歳の時でよかったね。中学高校になったらもっと傷つくから」とカウンラーに言われました。

「そういうものなのか」と、一度は思考では納得してみたけど、感情面では全然納得していなかったようで。
講座の初日でのカウンセリングの時から、激しい感情が出てきてこれにはビックリでした。

男性に負けてはいけないと思っていました

損な人

そのくせ「男性社会でやっていくのは辛い」と感じ、バリキャリな働き方が出来ません。
中学生の時は男性が苦手になりました。
高校生になってから、「これではいけない」と男性とコミュニケーションを取ってみようとするものの、今度はどう話していいのか解らず、長い間緊張がありました。

結婚前は、「男性は私を大事にしてくれない」と思っていました。

男性に対する印象をどういう風に変えたかったのか?

今後男性に対する警戒心を中途半端にせず、思い込みを書き換えて突き抜けた方がいいと思ったのです。
余計な心配事で日常で無駄なエネルギーを使っていると思うし、まぁいいやと思えるようになりたかった。

次の記事に続きます!

ヒプノヒーリングのセッションも始めます〜

自分を知るヒプノヒーリング

ABOUT ME
竹内真知子
大学卒業後グラフィックデザイン、広告、WEB業界を経て、現在はアーティスト。チャネリングを通して、お客様の未来の可能性やビジョンをアートにしています。 人生や未来はいく通りもあるし、受け身ではなく自分で創っていくもの。あなた次第でいつでも変えられます^^