ヒプノヒーリング

ヒプノ・ヒーリングセラピスト養成講座体験記:まだ起きてない将来(病気や命)への漠然とした不安3

ヒプノヒーリングセラピスト養成講座の体験記「まだ起きてない将来(病気や命)への漠然とした不安について」続きです。

私が2019年に受講した、講座が募集中ですよ〜!
潜在意識を通して自分を見つめ、幸せを掴みたい人はぜひ〜
セラピストにならなくてもご自分のために受講される方がたくさんいます!
早期割引!「ヒプノセラピスト養成講座」2021春オンラインコース

私に起こったヒプノセラピーのテーマは大きく6つ

2クール、合計8ヶ月間通った講座では、振り返ると私には大きなテーマが6つありました。

  • 男性への赦し→クリエイティビティの解放について
  • まだ起きてない将来(病気や命)への漠然とした不安について(今ココ)
  • コミュニケーションの取り方の癖について
  • 私の未知能力について
  • 絵について
  • コントロールできない状況について

これらについて、

  1. ヒプノセラピーを受ける前(Before)
  2. ヒプノセラピーの最中で起こった事
  3. 受けた後の変化(After)

を書いていきます。

ヒプノセラピー体験記一覧はこちら

漠然とした不安で集中力がない
ヒプノ・ヒーリングセラピスト養成講座体験記:まだ起きてない将来(病気や命)への漠然とした不安1ヒプノ・ヒーリングセラピスト養成講座の体験記、ようやく前回の続きです。 ヒプノセラピー体験記一覧はこちら 私に起こったヒプノセラ...
ヒプノ・ヒーリングセラピスト養成講座体験記:まだ起きてない将来(病気や命)への漠然とした不安2前回からだーいぶ時間たってしまいましたが、ヒプノヒーリングセラピスト養成講座の体験記「まだ起きてない将来(病気や命)への漠然とした不安に...

After ヒプノセラピーを受けて「病気」の捉え方はどう変わった?

「人って意外と丈夫で、生きられるんだ」と思った

きっかけは、ペア実習で組んだ受講生。

その受講生とは初対面だったので、先入観がありませんでした。
私がセラピスト役の時に、受講生が体験した病気の事を話してもらうまでは、「幸せそのもの」に見えました。
カウンセリングでは手術や手術後のリハビリ、その後は普段の生活をされている事を聞きました。

ヒプノセラピーの最中では、受講生はイメージの中で病気を受け入れた上で、「今、とても気持ちがいい感覚があって幸せだ」と言っていました。

その時の、まるで春の暖かい光に浴びているような、気持ちよさそうな表情と、やわらかい声が印象に残っています。

身に起こった事を受け入れているしなやかな強さ、精神力、生命力、今出来る事を楽しんでいる姿。
それらが私には「本当に強い人」のように見え、尊敬の気持ちが湧きました。

私は人の生命力も、自分の生命力も信じていなかったんだな~と気づきました。
一つの方向からの視点でしか見ていませんでした。
「病気は不幸」と安直に繋げていたのが、すごく失礼だなと思ったのです。

後から振り返ると、自分の病気の事を人に話すのは、とても勇気がいる事だったのではないかと思います。
話してくれて、私に気づかせてくれた事に、とても感謝しています。

ポリープが出来たけど冷静だった

2020年のお正月開けから、お腹が痛くないのにお腹が緩い症状が続きました。
おかしいな〜と思ってたら下血がありびっくりしました。
でも休日で病院開いてないし、ジタバタしてもしょうがないので、その日は楽しみました。

翌日病院行くと、腸にポリープがあり、その場で切除。
前の私だったら頭がパニックになって、すぐ親に電話してたかもしれません。
思ったより冷静に対処が出来た事にびっくりでした。
親には事後報告をしました。

神様からまた守られて生かされた。なんてラッキーなんや!!という気持ちでいっぱいになりました。

ポリープといえば、あるペア実習でクライアント役をした時、こんなシーンがありました。

「強烈な光輪と、神様の手術台に乗り、魂の手術を受ける。神様の巨大な手が、私のお腹を開腹して、幼稚で拗ねた子供っぽい自分の象徴を強制的に取る」

内視鏡検査の時に、「神様の手術」と「幼稚で拗ねた子供っぽい自分の象徴」は、ポリープそのまんまだなと思った訳です。

怖がりの私が、恐怖におののかないように、痛くない形で体が教えてくれたと思っています。
ポリープを思い出しては、感謝ばかりしています。

「常に五体満足でなきゃいけない、完璧じゃないといけない」と、幸せについてもコントロールしたかったり、完璧主義だったのかもしれない。

死ぬのが怖くなくなった

これが私にとって、ヒプノ講座で得た事で一番大きな事かもしれないです。
あんなに「死」が怖かったのに、今、死ぬのが怖くないんです。
講座から1年経ち、そんな心境になりました。

もちろん大病やケガをしたら、その時はもちろん怖い心境になると思います。
でも今、私は好きな事をして命を燃やしてる感覚があります。

もし死期がわかったとしたら、道半ばで悔しいかもしれないけど、今めっちゃ幸せなので、それはそれでいい人生だったな〜と思えるようになりました。
自分の人生に悔いがない状態なんですわ。
いや〜〜〜なんという変化でしょう!!
ヒプノって素晴らしい〜〜

ここまできて、矛盾に気が付く

自分に向き合い始めた直後(2006年くらい)は、「私って生きてていいのかな、死んでもいいんじゃない?」と、生きる諦めを持っていました。

でも講座の時は、「死への恐怖感」を持ってた事に気がついて笑えました。
今の私は、生きる事をもっと楽しんで、色んな事をしていきたい!!と思ってます。

さらに、「本気で生きないと」と思ってる割に、ダラダラ先延ばししてる事も多い。
なので最近は「今日を充実感いっぱいですごすために、今日一番やりたい事は何?」と問いかけて、出てきた事を優先して行動してます。

自分が陥りやすいパターンとしては、「本気で生きる」と「軽やかに生きる」のバランス。
「本気で生きる」と意識すると、肩に力が入って視野が一点集中。
スポ根系の感覚になり自分を責め、重く深刻になりがちになります。
肩の力を抜くと行動しやすくなります。

続きます!

ヒプノヒーリングのセッションこちら〜
自分を知るヒプノヒーリング

ABOUT ME
竹内真知子
竹内真知子
大学卒業後グラフィックデザイン、広告、WEB業界を経て、現在はアーティスト。チャネリングを通して、お客様の未来の可能性やビジョンをアートにしています。 人生や未来はいく通りもあるし、受け身ではなく自分で創っていくもの。あなた次第でいつでも変えられます^^