ブログ

どんな形でも完成させると何か自信になる

アルコールインク

やっとお客様の未来予測アート(1年間テーマ)が完成しました。

試しに使ってみたい画材があって、取り寄せてみました。

アルコールインク↓これはテストで描いてみたやつです。

アルコールインク

 

このインク自体はきれいなんですが、

私がまだインクを使い慣れないのと

今回の方には雰囲気が合わなくて

重たい雰囲気になってしまいました(汗)

これは、クライアントさんのこれからの未来に相応しくない。

なので、めっちゃ削ぎ落としてシンプル系にする事にしました。

というより、最初からシンプル系の絵が浮かんでたんですが

私の思考が「それでいいのかな?」と思ってしまい、

余計な回り道をしてしまいました。

最初からイメージ通りに描くのがうまく行くのに〜

と解っていながら、時々やってしまいます。

1年間のテーマって、イメージが解ってもしばらく寝かしてたり、

何回も描き直してしまうんですが

不思議と毎回絵が届いた時がお客様にとってベストタイミングになってます。

個人的な印象ですが、描き直してる最中って

お客様の内面にも、なんらかの変化や抵抗感が起こってるのかなーと

なんとなく感じてます。

 

今まで「画面全部埋めたい症候群」だったので

めっちゃシンプルな絵に脱するのに自分の中で葛藤しました😅

数日悶々として、お客様と絵の事ばっかり考えてたけど

昨日起きる直前に、絵の夢を見たので起きてすぐ紙に描き出して

今日の昼過ぎに完成させたら不思議と悶々がどっかへ行きました。

どんな絵でも「完成させる」というのは、なんらかの自信になるもんですね。

夕食

今日はすんじさんが「ハーブの香りするオサレごはん」作ってくれました。

 

ABOUT ME
竹内真知子
竹内真知子
大学卒業後グラフィックデザイン、広告、WEB業界を経て、現在はアーティスト。チャネリングを通して、お客様の未来の可能性やビジョンをアートにしています。 人生や未来はいく通りもあるし、受け身ではなく自分で創っていくもの。あなた次第でいつでも変えられます^^