toggle
2019-07-26

ちょっとスランプになっていたけど描けた

滝

2日間ほどちょっとしたスランプになってました。
急に暑くなったから夏バテっぽくなったのと、ブログと絵を描くのイヤイヤ病。

すんじさんにも「黒い負のオーラ出てる」と言われるし(笑)
あーいかんいかん!と昨日はジムへ行き、頭真っ白になるまで走りました。
こういう時こそモヤモヤを色で描き出した方がいいなー。
24日はイメージで滝が出てたんですが、
「えー滝。描くの嫌〜」とかなってしまった。
で、さっき描けたのが上のものです↑
24日の文章はこちら


目の前に白い滝があります。
自分が立っているところは滝を眺めるための端がでているんですが
そこに立っています。木の橋です。
滝の周囲は苔につつまれた岩壁があります。
水面には大きな魚が泳いでいます。
マイナスイオンがたっぷりで、とても気持ちのいい場所です。
橋には私1人だけが立っています。
橋の先端は途切れているので、先に進めないと一般の観光客はそのまま帰ってしまいますが、実は、滝の裏は広い人工的な洞窟ホテルが広がっていて知るひとぞ知る場所です。
一般の人は知らず、私も心の中で「滝の向こうはホテルなんだな」と情景が浮かんでいるか、今はそこに泊まる必要はないと思っています。
ちょっとランクが高い落ち着いた、高級感のある洞窟の内装になっているので、
どこかのお金持ちがお忍びでやってくる場所かもしれません。


ちょっと、ブログや絵を描く時のスタンスが私の中でズレてた、違ってきたようなのです。
毎日絵を描くことは、ブログを描く動機にもなるしアウトプットや行動し続けることにもなっているのですが、「楽しむこと」を置き去りにしてたような感じ。

自分が苦しくなってるのが絵に現れてるんじゃ〜ないかと思うと
机の前に座って目の前に絵の具があっても「いや〜〜〜(拒否)」な状態になってました。

私のメンターでもあるすんじさんは(私のMCにすんじさんの太陽が乗ってます)、「日常で何やってても占星術ネタに結びつける」というスタンスで
本当に純粋に占星術が大好きなオタクなのですが、私はどうだっただろうか。

いつのまにか「生活のための絵」になってなかったか。
そら、楽しくないわ〜

というわけで、まだモヤモヤがスッキリ解決したわけではないですが
今思うことを書き出しました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です