6ヶ月間のテーマ

未来予測アート:”心がクリアになる窓”のその後の展開

Window

こんばんは〜今、未来予測アートの1年間テーマの下書きをしています。

未来予測アートについてはこちら

唯我独尊
未来予測アートこれからどんな未来を創っていきたいですか? 2020年は急激に変化する世の中に対応して、これからの生き方、価値観、家族、働き方等見つめ...

「心がクリアになる窓」のご感想いただきました

Window
年始に絵を描かせてもらったM様。
久しぶりにメッセージいただいたら、ビックリな報告が!
私は、何を伝えたか忘れてるんですが〜
え〜〜!!嬉しかったです^^

M様のご感想

さて、久しぶりに連絡をしたのは、まちこちゃんに未来予測アートを描いて頂いてから時間が経ってしまったのだけど、遅ればせながら感想と報告をできたら、と思ったからです。

まちこちゃんのチャネリングのすごさを感じた一人として。

ーーー

未来予測アートでのチャネリングの言葉の意味が、現実で理解できた時から今までを振り返ると、かなり大きな変化がありました。

未来予測アートをお願いした時は、ヒプノセラピーで受け取ったメッセージをもとに、清水の舞台から降りるくらいの勇気で、思い切って仕事を辞めて、これからどんな私で生きていこうか探している時期でした。

積極的に動いても目標が見えず、やりたいことが本当にやりたいことかも自信が持てない。 自分がどこにいこうとしているか、本当は何がやりたいのか全く見えない状態で、 仕事を辞めてぽっかり空いたスペースに、仕事に代わる”なにか”が入ってくるのをずっと待っているような感覚でした。

やりたいことやなりたい姿を内面から見つけようとしても見つからなくて、時間ばかりが過ぎていき、取り残されているようで焦っていた私にとって、未来予測アートは興味津々なセッションでした。

描いて頂いた絵は、学び舎のイメージで描かれたものでしたが、見る時によって、窓の奥の景色が変わりました。

晴れた日の流れる雲に見えたり、曇り空に見えたり、今にも雷が鳴りそうな空に見えたりする不思議な絵でした。

あとから気付いたのですが、それは、 【そのときの心の温度で見える景色が違う】ということを表していたのだと思います。

そして、 未来予測アートのチャネリングのメッセージで、一番驚いたのが、 ほんわかしたイメージの中に、突如登場した、”二重螺旋構造の遺伝子”。

一体、何を意味するのか。
これまで私が関わってきた仕事(研究関係)のことなのか、それとも未来の何かを意味するのか。

なんのことか心当たりがなくて謎でしたが、未来予測アートがポストに届いたすぐ後に、その意味がわかる出来事がありました。

未来予測アートをお願いした時はまだ気付いていませんでしたが、妊娠していたのです。

そのことに気づいた時、チャネリングで見えた遺伝子は、このことだ!と、鳥肌がたちました。

それまでの経験や出来事から、妊娠の喜びよりも、無事に出産までたどり着けるだろうかという不安の方が大きかった私は、 不安を感じる度に、未来予測アートを見て、気持ちを強く持って、自分を励ますようにしていました。

今は無事に出産をして、子供のかわいらしさを感じながら、子育てを楽しんでいます。

ちょっと先の未来を描くことは、その未来がやってくるという確信につながるのだと感じる出来事でした。
この不思議な窓は、これからどんな未来を見せてくれるのかを楽しみに過ごしています

ーーー

というわけで…この一年で未知の世界に進みました。
まちこちゃんのチャネリングのすごさはスーパーサイア人並みじゃ〜!!

追伸 まちこちゃんの個展の絵、どれも引き込まれそうだった。
何か出てる〜!超サイヤ人のハンドパワーだ!
まちこちゃんの作品を、ファッションを、すべてを、楽しみにしています❤️

ABOUT ME
竹内真知子
竹内真知子
大学卒業後グラフィックデザイン、広告、WEB業界を経て、現在はアーティスト。チャネリングを通して、お客様の未来の可能性やビジョンをアートにしています。 人生や未来はいく通りもあるし、受け身ではなく自分で創っていくもの。あなた次第でいつでも変えられます^^