プロフィール

竹内真知子竹内真知子

大学で美術史を学びながら絵画を先攻。
デザイン専門学校ではグラフィックデザインを学ぶ。

卒業後はデザイン事務所や洋菓子メーカーで
グラフィックデザインを2年半経験。
その間に過労と人間関係に悩み鬱になる。
「私は本当は人生に何を望み、どうありたいのか」
自分らしい幸せな生き方を目指す大きな転換期になる。

その後、制作者側からだけではなく
営業からの目線も身につけるべく
外資系広告代理店の営業補佐を6年経験。

2012年3月より2年かけて
占星術家竹内俊二(現在の主人)解説による
西洋占星術の意味を組み込んだ「12星座切り絵」を作成。

2014年4月母と初個展を開催。
6日間で約500名が来場。

2014年4月末に占星術家 竹内俊二と結婚。
33年住んだ関西から名古屋に引っ越し、
WEB制作関連の仕事を約2年半経験。

2018年4月よりアート制作の模索を始める。
この頃に前後して、チャネリングでビジョンを見ることが始まる。

2018年6月21日(夏至)
チャネリングと占星術を組み合わせたオーダーアート
「ホロスコープアート」のサービスを始める。

2019年1月より約1ヶ月間、岐阜アンノンティーハウスで
”Love & Passions”をテーマに個展を開催。
26点中、21点の作品がSOLD OUT。追加制作3点も完売。

Love & passionLove & passion

 

2019年6月末、湘南七里ガ浜のworkationplus様にて2日間のプチ個展を開催。
10点中、4点の作品がSOLD OUT。

宇宙のガネーシャ宇宙のガネーシャ

 

2019年4月から、「未来予測アート」を提供。
お客様が未来を切り開くために、支え導くツールとして
前向きになれるメッセージとエネルギーをアートに込めて制作する日々。